【アニメ感想】 銀魂 銀ノ魂篇 352話(最終章第11話) 「平和と破滅は表裏一体」

img101_20180319203152889.jpg


おはようございます!

アニ魂感想の時は、その回にちなんだ鉛筆絵をくっつけてるんですけど、
今週の見どころは銀妙だー!☆(≧▽≦)☆!
と思いたいところではあるんですが、ぶっちゃけ、こっちで全然いいっていうか、しまった、これやっぱちゃんと清書しとけばよかった!と何気に後悔しちゃうくらい、ほぼほぼ、



銀さん ヘヴァ 銀魂


ヘヴァが全部持ってった!( ̄□ ̄;)!!


いやもう、ガチ持ってった。ジャンジャンバリバリ持ってった。
先週のアニ魂感想で、

「来週のジャンプ銀魂休載をアレで癒してもらう気満々です。屁怒絽さーん!頼むよー!っていうか、アレが出るんなら、ここに長谷川さんいて欲しかったー!」

ってことを書いてましたが、ヘヴァとあのまんまなBGMのおかげで、銀魂休載のショックがこれでもかってくらい癒されたし、なんでここに長谷川さんいないんだ、バカー!ってどうしても思っちゃうしで、とにかく楽しかったです。
10年以上続いてるアニ魂ですが、あのガチマジなBGMが流れ出した途端、今までで一番かもしれないってくらい笑っちゃてやばいっていうか、
今やもう、立木さんが碇指令やってたことが信じられないっていうか、

長谷川さん 碇指令 ←長谷川さんなんだか碇指令なんだか区別がつかないっていうか、

立木さんと碇指令のシンクロ率も何気に高い値を叩きだしてる気がするっていうか(笑)

だいたい、今まで原作を4話くらい詰め込む感じだったのに、なんでヘヴァ回になったらいきなり原作2話分に減ってんだよ!贔屓だ贔屓!アニ魂スタッフの、ヘヴァ贔屓!( ̄□ ̄;)!!
ちょっとこれ、アレです。
アニ魂スタッフに特定のキャラの贔屓がすぎるって苦情入れた方がいいんじゃないでしょうか。
そもそも、特定の回でやけに作画クオリティが高かったり演出が凝ってたりと前々からアニ魂は長谷川さん贔屓がすぎると思ってましたが、ヘヴァ贔屓もすぎるよ!けしからん!
もっとやれ!☆(≧▽≦)☆!


ところで、私は心の底から銀妙派、銀妙原理主義者と言ってもいいくらいなので、めっさごっさ楽しみにしてた銀さんの姉上に対する「お妙ちゃん」呼びがカットされたことに対して、血の涙を出すくらい悔しかったものの…いやマジ、血涙ブシャーだったからね!ざっけんな!(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!

とは言え。

なんだこの熟年夫婦感!
と言わんばかりの二人のやりとり!

「よくついてきてくれた こんなロクでもねェ社長(おとこ)に
 だけど頼りねェ大人のおかげかな 二人とも・・・強くなったな」
「とられちゃいましたね 布団 あともうちょっとで滅多にきけない一言がきけたのにねェ」
「まだまだってことさ コイツらも俺もな」


銀さんが新ちゃんと神楽ちゃんのことが大好きで、なおかつ何よりも大事だと思ってるからこそ、銀さんとお妙さんが一緒にいることよりむしろ、新ちゃん、神楽ちゃん、銀さん、お妙さんの4人が一緒にいることに激しく銀妙感を感じちゃうんですが、銀さんの本音。
銀さんの素の言葉。
銀さんが本音(素の言葉)をもらすことのできる場にお妙さんがいるっていう事実に、私の中の銀妙っていう修羅(←どんなんや)が騒ぐんですよね。

それなのに。

それなのに!

公式では、銀さん×長谷川さん、銀さん×ヘヴァがまかりとおってるという現実!( ̄□ ̄;)!!

いや、そっち方面(どっち方面?)は詳しくないので、長谷川さん×銀さん、ヘヴァ×銀さんなのかもしれないんですが(ぇー)、銀さんって女性キャラ全般とはふわふわした感じにしかならないくせに、長谷川さんとは六又篇で既成事実作っちゃってるし(←公式)、
最終章では屁怒絽さんにあすなろ抱きかましてるし!(←公式)
公式でのやらかし感が半端ないっていうか、やばいよ!あすなろ抱きなんてやられちゃったら太刀打ちできねぇよ!



だって、あすなろ抱きって「女子がされたら恥ずかしいけど一度やられてみたい抱きしめかたNo1」だもの!敵うわけがない!。・゚・(ノД`)・゚・。

っていう、(銀妙原理主義者として)わりとガチな危機感を抱いてるんですが、公式でこれだけはっきりがっつり描かれてるのに、銀さん×長谷川さん、銀さん×ヘヴァってメジャーではないんですよね。
なぜなぜほわーい┐(゚⊇゚)┌←ぇー


っていう戯言感想はともかく、ヘヴァに色がついた70巻も大概アウトだとは思ってましたが、アニメ風に着彩されるとより一層 アウト感がK点越え でした(笑)

 画像10

あと、屁怒絽さんに対して、こそっと「ヘドロさん」っつった時の銀さんの言い方がめっさかわいかった!
それ以上に、屁怒絽さんのツッコミがかわいすぎた!
主戦派(真選組、陰陽師)と停戦派(公儀御庭番衆、柳生陳陰流、百華)だった陣営が、銀さんがヘヴァと共に現れた途端、主張が逆転してるのが楽しすぎた!

主戦派⇒停戦派
「どうだろう 俺はまだ早いと思うが…近藤さん」「うむ そうさな 俺も同じかな」

停戦派⇒主戦派
「いきたいって言ってるんだからいかせてあげればいいじゃない ねぇツッキー」
「うむ わっちも同じじゃ」


ヘヴァ登場前のあの真面目な議論は何だったんだと言わんばかりの適当っぷり。
ストーリー漫画で、バトルで、最終章で、それでもこれだけ笑わせに来る。
ギャグマンガは数多あれど、空知んたまのこのセンスって、ガチで唯一無二だと思ってます。

あ、そうそう、銀妙だの銀マダ(ぇ)だの銀ヘヴァ(ぇ)だの散々騒いでますが、公式っぷりじゃこっちも負けてない新ちゃん×パンデモニウムさんにも私の中の修羅はしっかり騒いでました(笑)
パンデモニウムさん、もう、その存在そのものが 卑怯すぎる。


そんなこんなで、一番はヘヴァだったとはいえ、全編やば楽しかったです。
普通に声に出して笑っちゃったよ、コンチクショウ。
来週、どこまでやるのかなー、高杉さんギリ出てくるのかなーと思いつつ、アニ魂は次回で一先ずお休み。再開は7月。それまでに鋭気を養っておかねば!(`・ω・´)キリッ




   


  
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/15544-b0744bae

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon