大銀魂展名古屋会場レポ!☆(≧▽≦)☆!

大銀魂展

大銀魂展見に、名古屋行ってきましたー!☆(≧▽≦)☆!

初名古屋!
そこの抜けたバケツ並みの記憶力を振り絞って大銀魂展レポです。




名古屋駅には9時着。
東京から来られた方と待ち合わせで大銀魂展会場の丸栄へ。

名古屋にお住まいの方から、待ち合わせ場所や地下鉄の助言を頂いてたので、スムーズに合流出来て、迷わず会場まで行くことができました。

新幹線改札を出て「銀の時計」で待ち合わせ。桜通線じゃなくて東山線。
東山線の「藤が丘」行きに乗って、一番後ろの車両に乗ると、会場に一番近い改札口に出られる。
栄駅の西改札から出て、クリスタル広場を目指して7番出の階段から地上に上がってもらって、スカイル・メルサと書かれたビルを左手に真っ直ぐ行ったら、丸栄東玄関。←東玄関で大銀魂展の列形成。


ここまで懇切丁寧に説明いただき、名古屋駅や栄駅の地図や丸栄東玄関の写真まで送っていただいて、
迷ったらただのバカです。

とは言え「ただのバカ」な自信はあるので若干不安な気持ちもあったんですが(←ぇー)、そんな気持ちも鼻かんだティッシュのごとくゴミ箱にスパーキングすることができ、9時半前に丸栄到着。

東京展レポで皆さん、超寒い!って仰ってて、名古屋1日目はスタッフさんがカイロ配ってたってことも聞いてたので、寒いに違いないと思い込んでスプリングコートにユニクロのウルトラダウン着て行ったら全然寒くなかったです。
(2日目の昨日もカイロを頂きました。ありがとうございます!)

なんせ東京展がこの状態だったと教えていただいてたので、2時間くらい待つつもりでいたのに、

27日(4日目)
AM 7:10 頃の到着で10:00~10:20入場(集合9:30)の整理券を入手できました。
後続の方たちの並び具合から見て、少なくとも7時台でないと初回(多分150人くらい?)は難しかったように思います。

28日(5日目)
現地に着いたのは8時10分頃でしたが、整理券は105番でした。
8時40分頃におそらく150人くらいに達し、「今日もたくさん並ばれているので整理券対応とさせていただきます」的なアナウンスの後配布が開始されました。
多分スペースの都合上それ以上列で会場前を塞げない、とかなのでしょうが、もし10時までにそれだけ並ばなかったらそれまで解放されないのかな~と思ったり。今日の先頭の方は6時くらいから並んでるようなことをTwitterで見たので…。


(; ・`ω・´)ナン…ダト!?
外でどれくらい待つ羽目になるのかと戦々恐々としてたのにすぐ入れただとぉ!

東京は初日からしばらくは「チケット、整理券、手のスタンプ」の3つ揃えてはじめて入場できたそうですが、スルスルサクサク入れた!っつか、整理券、もらえなかったらもらえなかったでなんか寂しい!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o
記念に整理券欲しかった!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o←ぇー

建物内に入ったら暖房バリバリで暑いのなんのってコンチクショウ。
コートもダウンも脱ぎ捨て、素っ裸・・・なわけにはいきませんが、身軽な状態で観賞できました。

東京会場では、万事屋3人は会場外から見るようになってて、ガラスの反射もあって写真撮影が大変だったとお聞きしてましたが、名古屋会場は建物内の会場傍に掲示してあったので、写真撮るのも余裕のよっちゃん。←死語

ただ、3人のポスターが掲示されてる前の通路のギリギリ後ろまで下がらないと全体が写せなくて、通路向かいにある化粧品?かなにかを置いているお店に入り込みそうになったんですが、にこにこしながらどうぞどうぞと言っていただいて、名古屋の方マジ優しい!(´;ω;`)ブワッ

大銀魂展 看板
大銀魂展 万事屋

列はできてましたが、時計見るのも忘れるくらい止まることなくどんどん進み、(多分)10時半前には会場内に入ってました。ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ

音声ガイド(万事屋)をお願いしたところ、東京海上は、専用?のレシートだったみたいですが、普通の丸栄レシート・・・


※東京会場の写真です。

このレシートれくれるなら2巡目も音声ガイド頼んだのに…( ̄。 ̄;)ブツブツ

会場入ってすぐに土下座の3人。
ちなみに、午前中は2人で見て、午後からさらにお2人が合流。内お一人は昨日の初日参戦。もうお一人は未参戦。
お茶でもしながら銀魂話でもと思ってたんですが、その場のノリと勢いで午後も大銀魂展行っちゃおうってことになって、結果、2巡してきました。1巡目はわりと人がいたんですけど、込み具合は東京会場の透いてる時(夜)くらいの人込みだったそうです。
2巡目は4時くらい?(←うろ覚え)に会場入りしましたが、並んでる列もなければ、土下座コーナーに他に人がいない(笑)
写真撮り放題だったので、

大銀魂展

背表紙ジャックの写真!写真撮らなきゃ!あと、ケツ!
ケツからの写真撮りたい!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

大銀魂展

っていう謎興奮でした(笑)


次の便座シアターでは、便座型の椅子は6席しかないんですけど、1巡目も2巡目も余裕で座れました。
余裕ありすぎて、便座型イスの横のトイレットペーパーを三角折りしたよ!☆^(o≧▽゚)o←何やってんの?

時間的には2時間半くらい観賞してました。(2巡目はもうちょっと短かった)
まあでも、東京開催時にパンフレットを頂いてたので予習ができてたからこそのこの時間です。
事前予習できてなかったら倍の5時間はかかるね!多分!
空知んたまコメントがパンフレットにほぼ掲載されてるってことを知らなかったら、空知コメントの一字一句脳内に刻み込もうとして、えらいことになってたはず。
多分、見終わったころには頭からプスプス煙出してた。
パンフレット頂いててマジ良かった・・・(ノд-。)ホロリ

ちなみに、会場外とか、建物内で並んでる時とか、便座シアターくらいまではわりと気持ちには余裕があって、

しまむらの銀魂コラボ服着てる親子がいて写真撮らせてください。
でっかい銀さんチャームをバッグにつけてるコがいて写真撮らせてください。
缶バッジめっさつけたバッグ持ってるコがいて写真撮らせてください。
あ、一緒のアースコラボバッグ持ってる人いる。一緒に写真どう?(`・ω・´)キリッ


って言いたいのをグッとこらえたりしてたんですけど、原画を目にしたらそんな余裕も吹っ飛ぶ。
空知コメントを覚えなきゃっていう必要がなかったので、自分としてはそこまで立ち止まってなかったつもりなんですけど、それでも、列が私で止まってた時もあったみたいですみませんm(_ _)m

会場内は、わりと皆さん、この時かっこよかったーとか喋ってて、それを聞いてるのもすごく楽しかったんですが、折角ご一緒いただいたのに、その方と喋る余裕があんまないっていうか、言葉が出ないっていうか、2巡目になってようやくご一緒いただいた方と喋りながら見ることができました。
初見はあれだ。見入っちゃって喋れない。喋ることに意識向かない。
パンフレットの段階で泣いてたので、生原画見たらやっぱり泣いちゃうかなと思ってたんですけど、そんなこともなく。喋ることに意識が向かないのと同様、泣くことにも意識が向かない。
喋ったり泣いたりするエネルギーが全部目にいっちゃって、見る事以外ほぼ何もできないような有様でした。

マヨネーズで飾った額があったり、ドライバーで飾った額があったり、18禁コーナーでは額自体が縛ってあったりと趣向を凝らした展示も、1巡目はほぼ目に入ってません。
原画ばかり見てて、ご一緒いただいた方に声をかけていただいたり、2巡目になってようやく意識に入り込むような。
それくらい、原画には力がありました。

音声ガイドもアレです。耳元でガチャガチャうるせぇってなる(笑)←ひどい

ってのは嘘ですが、音声ガイドの言葉も、言葉としてはほぼ認識できてなかったです。
内容がどうとかよりもどこか遠いところで万事屋3人の声がBGMになってて、それが銀魂の雰囲気を伝えてくれる。銀魂の空気を耳で感じる。そんな感じ。
音声ガイドの内容は、パンフレットで事前予習ができてたのがやっぱり良かったです。
聞き逃せねぇ!っていう心配をする必要がなかったので。


・・・・・・・・・・・・・・って、いや待て。
このレポ書いてる時に気付いたんですけど、

※左が東京会場。右が名古屋会場。
音声ガイドリスト 大銀魂展

第6訓のとこに斜線ひいてあるんですけど、もしかして、名古屋会場・・・・
音声ガイド、1個少ない?( ̄□ ̄;)!!

くそっ!
万事屋3人の声が素敵なBGMとか言ってる場合じゃねぇよ!
ちゃんと聞けば良かった!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o


└|・_└|ソノハナシハ |┘_・|┘コッチニオイトイテ


空知んたまの生原画ですが、初代担当の大西さんとか原稿が汚いだの絵が下手だの散々言ってたし、空知んたま自身もパンフレットで「クソ汚い」とか言ってたけど、いやあの、

普通にめっさ綺麗だったんですけど!( ̄□ ̄;)!!

いや汚いって、そりゃ、コーヒーだか紅茶だかの染みがついてるのは強いて言えば「汚い」かもしれないけど、それはあくまで「染み」としての汚さであって、絵自体はめっさ繊細な線で、ごっさ綺麗。これを〇ンコって言ったら、世の中の全ての事象は全部ウ〇コだよ!私の鉛筆絵なんかウン〇以下だよ!
これを「汚い」って言っちゃうとか、バカなの?空知んたまも担当さんも、バカなの?( ̄□ ̄;)!!

っていうか、バカだ!

っていう結論に達しざるを得ないんですが、一番強く思ったのは、
空知英秋って実在してたんだ・・・・ ってことでした。マジでマジで!☆^(o≧▽゚)o
これまで自分、空知んたまのことを妖精さんくらいにしか思ってなかったみたいです。生原画見て、初めて、マジガチで実在してたのを実感するっていう、まあ、自分、本気でおバカさんだったんだなって気付かされちゃう罠。

あ、でも、1巡目、自分だけの世界に入り込んでたとは言え、周りの声もがっつり聞こえてはいて、一番すごかったのが、

「押し(キャラ)は血まみれにしたい」

っていう言葉でした。怖い。でもすげぇ同感(笑)
銀魂の流血描写って、果てしなくかっこいいですよね!☆(≧▽≦)☆!

あと、わりと大きな声で原画を説明してる方がいて、万事屋、真選組、その方で音声ガイドを3バージョン作ったら良かったんじゃね?みたいな(笑)

ちなみに、名古屋会場では東京会場と違って白線がなかったので、人が少ない時とかは、ほぼゼロ距離で見る事ができました。エリアを越えると元に戻ることはできないんですけど、エリア内は自由自在。人口密度も程よかったので、思う存分彷徨えます。
名古屋いいよ!すげぇいい!☆(≧▽≦)☆!

生原画はホント、線の一つ一つが細くて繊細で、どれだけ見ても見たりないくらいだったんですが、
手書きの文字が残ってたり、
修正の跡がリアルに分かったり、
携帯電話回(352訓)で、神楽ちゃんがよろず屋ストラップを手にしてるカット(横顔)の下に正面顔の神楽ちゃんがうっすら見えたり、
さっちゃんが万事屋に潜んでる回(428訓)で新ちゃんが鏡の前でセットしてる原画で、写植のセリフは「セットするために」だったんですけど、その下の手書きの文字を一瞬「セックスするために」と読み間違えた自分の頭が心配になったり(←ホントにねぇ)、
見れば見るだけ新たな発見ができそう。
何回も見に行きたくなる気持ちがすごく分かりました。

あと、パンフレットでの予習の甲斐あって、パンフレットに掲載されてないコメントにも気付くことができました!☆(≧▽≦)☆!
まあ、記憶力が残念なのでうろ覚えっていうか、空知節の再現はできないんですけど、だいたいこんな感じでした。多分ね!←多分かよ
っつか、うろ覚え成分多すぎ!


第97訓紅桜篇 銀さんと桂さんのバトルシーン
 漫画ではあっさりしていたけど、アニメであんなにかっこよくなるとは思わなかった
第473訓 全員集合カラー
 こういう全員集合絵は誰を入れて誰を切るかいつも悩む
第514訓将軍暗殺編「俺達ゃ万事屋だ」(銀さん)
 最終回のつもりで、むしろ読者に最終回だと思わせるくらいの勢いで描いた
第467訓高杉さんカラー
 本編に出番がないわりにはグッズ化してるので描くつもりはなかったけどネタ切れだったので描いた
第505訓総悟くんと神威の直接対決
 ダラダラ続けるんじゃなくて、一瞬でどれだけすごく描けるかを意識した 描いてて楽しかった
第222訓第222訓銀さんカラー 担当に沙村広明先生の画集をもらった影響で描いた


(; ・`ω・´)ナン…ダト!?沙村広明先生だとぉ!!!!

マジか!沙村先生っつったら自分、(絵には全然反映されてないけど)めっさ影響受けてるから!
めっさ影響受けて、佐村先生の描くポーズで銀魂絵とかばりばり描いてるから!
まさか空知んたまの口から佐村先生の名前が出るなんてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

っていう興奮から、この銀さんイラストのお皿買っちゃいました。えへへ。
グッズと言えば、生原画見た興奮で、キャラポスコレクションをBOX買いしちゃうっていう(笑)



最後は空知んたまの机が再現されてて、担当さんによると再現率は半端ないとのことですが、ペットボトル多いよ!もっとティッシュだらけかと思ったよ!
っつか、床に毛が落ちてないかガン見してる自分が気持ち悪いよ!
そして全然落ちてなかったことに素でがっかりしてた自分がもっと気持ち悪いよ!
あと、机の上には央国星の王子たちがハッスルしてるページでした。ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ

って感じだったんですが、ご一緒した方が、机に置いてあるジャンプの内、実写映画告知表紙の背表紙がマダオうどんになってるって気付かれたのがマジすごい。

ジャンプ 銀魂 表紙 背表紙ジャック マダオうどん
※ 表紙は2016年7月4日のジャンプ31号(594訓)
  背表紙は2014年11月22日発売のジャンプ52号(519訓)

ホントだ!しかもこのジャンプ、表紙と背表紙の時期が違うだけじゃなくて、断面の紙の色がほぼ一色!
捏造ジャンプだ!☆(≧▽≦)☆!←言い方

そんなこんなで、ぼっち観賞じゃなかったおかげで自分一人じゃ絶対気付かなかったことも気づくことができ、最初から最後までまるっと楽しかったです。頑張って文句を言うなら、スタッフさん専用出入り口?のとこに貼ってあったのが、描き下ろしの完結篇珍さん風の真鍋さんイラストで、いや、これもパンフレットに掲載してよ!
それが無理なら写真撮らせろ!(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!! ってことくらいです。

いやほんと、写真撮らせろ。



・・・・・どうしよう・・・・思った以上にレポがダラダラ・・・・・(-_-|||)
って、ダラダラになるのはいつものことなんですが、鉛筆絵更新で書いてるように、ラストのトイレットペーパーにメッセージを描こうのコーナーは、1巡目は銀さん、2巡目は定春を描いてきました!
エリー描きたかったけど、エリー率がごっさ高かったので、定春描いた!
興奮と緊張でめっさ手がガクガクしてましたが、そこはそれ。

会場とは別ブースで物販。チケットに「済」の判を押してもらえないと売り場に入れないようになってましたが、あそこはねー。なんかもうねー。

魔境だ……あそこは魔境だぜ、おやっさん……(; ・`д・´)…ゴクリ…←誰だよ

っていうのも、生原画見た後だと、買うつもりのなかったグッズをじゃんじゃん籠に入れちゃって、しかも値段見ずに入れちゃうからお支払いとグッズが入った紙袋の大きさがえぐいことになてました。
荷物が大きすぎて、あと、2巡して足がバカになってたこともあって、帰りは名古屋駅までタクシー使ったんですけど、荷物をトランクに入れる時に、袋の隙間から中身が見えたみたいで、運転手さんに大銀魂展に行ったことがバレる。
このでっかい紙袋の中身はアレだから!服とかバッグとか山ほど買っちゃったからだから!的なセレブを装ってたつもりだったのに、速攻バレる(笑)
ちなみに、この運転手さん、ジャンプ、マガジン、サンデーを毎週買う(でも、最近ジャンプは買うの止めた←なんでだよ)程の猛者で、しかも鳥山明先生を2回も載せたことがあるそうです。←鳥山先生の名前がさらりと出るあたり、さすが名古屋。
鳥山先生のご自宅は名古屋でも超有名だそうですが、広島の場合、誰が有名なんだろう。
広島でタクシーに乗った時に、住所言わなくても連れてってもらえるのって、山本浩二(←レジェンド)の家だってのは聞いたことあるな・・・・・

ってことはさておき、名古屋駅についたら、山ちゃんに連れて行ってもらって晩御飯!

山ちゃん

帰りはまさかの指定席完売。
自由席ぎゅうぎゅうなせいでお土産に頼まれてた外郎は買えずじまいでしたが、堪能しまくりました。
グッズのこととかもっと書きたいし、生原画の感想も書き足りないけど、際限なくなりそうだからぐっと我慢!
大銀魂展にお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして、「簡潔」って言葉が辞書にない私のとりとめのないレポをここまで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

大阪も俄然行く気満々!待ってろ大阪!覚悟しろ!☆(≧▽≦)☆!



大銀魂展 名刺
ちなみに、パンフレットは東京と名古屋で内容違うなんてことはなかったです。
今回で銀さん名刺をゲットできたので、残るは近藤さんと新ちゃんとシークレット………((φ(..。)メモメモ

      

業務連絡
今日メールしようと思ってたんですけど、明日!明日させてください!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/14444-f85635e0

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/03/19 09:08

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/03/19 14:52

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon