【アニメ感想】 銀魂.第322話(新シリーズ6話) 烙陽決戦篇六「十年」

攘夷組 高杉晋助 坂本辰馬 坂田銀時 桂小太郎 銀魂 烙陽決戦篇


ハッΣ(゚ロ゚〃)、アイダホ訛りって何だと思ってたけど、
檜山さんボイスがアイダホっぽいってことかぁぁぁぁぁ!←ぜってー違う

ってことはさておき、十年。銀さん達が袂を分かってから十年。そして、連載が始まってから十年強。
坂本さんがいたから、攘夷戦争時代、3人がバラバラになることはなかった。
攘夷戦争後、4人が同じ場所に立つには、作中でも、リアルでも、十年っていう年月が必要だった。
だって、十年より短い時間だったら、銀さんは新ちゃんと神楽ちゃんに出会えてなかったから。桂さんはエリザベスに出会えてなかったから。高杉さんは今の鬼兵隊に出会えてなかったから。
彼らが新しい友と出会わなければきっと、旧き友が一同に揃うことは叶わなかった。だからこその十年。


・・・・・・・なんじゃないかなぁとふわふわと考えてるかずはです。おはようございます。
でもまあ、まず、感想で書くべきことは パク様だよね!そりゃもうパク様だよね!パク様がオンリーワンだよね!( ̄‥ ̄)フンッ

アニメが始まるまえはパク様の声は杉田さんで白夜叉と一人二役かな~とか思ってたんですが、さすがアニ魂です。
今までも他作品やリアルな人間関係をそのままキャスティングにノーモーションでぶつけてきた銀魂だけあって(←蓮蓬篇の時にガンダムネタに合わせて古谷さんと池田さんをキャスティングしたり、金魂篇で銀さんのライバルとしての金さんに中村さんをキャスティングしたり、バラガキ篇で土方さんと対峙するサブちゃんにLet's PARTY!!繋がりで森川さんをキャスティングしたり以下略)、
魔眼キャラの馬董さんに対峙するのがまさかの元祖魔眼のあのお方っていう胸熱キャスティング!(´;ω;`)ブワッ

飛影←気が遠くなるくらい昔に描いた元祖魔眼のあのお方

声がついてない時からパク様ー、パク様ーと様付けしてたってのに、こんなくそかっこいい声をつけられたらパク殿・・・パク閣下・・・パク神・・・むしろ一周回ってパクたまとかパクきゅんみたく萌え敬称をつけるってのは・・・・( ̄。 ̄;)ブツブツ
っていう敬称問題はともかく、檜山さんをキャスティングしたからにはもうパク様をレギュラーキャラにするしかないんじゃないでしょうか空知んたま!そして、OPまでパク様仕様にしてくださってありがとうございます!アニ魂スタッフ様!
パク大明神かっこいい!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

銀魂. OP 白夜叉 銀魂. OP パクヤサ

それにしても、パク様のあの全てを包み込むかのような豊満なボディ。貫録ある表情。
あれで白夜叉から若造よばわりってことはあの時点でパク様、何歳なんだよ。
白夜叉が18くらいだとしたら・・・ハッΣ(゚ロ゚〃)、
もしかして新ちゃんとタメなんじゃ・・・・・((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ってことは気付かない振りをしておくとして(ぇー)、銀さんが馬董さんにパク様メモを渡したとき、漫画ではメモの中身は明らかになってなかったんですが、アニ魂では明らかになってました。

  border=

いや、パク様、かぶき町にいんのかよ!( ̄□ ̄;)!!
同じ町内じゃん!ご近所じゃん!今やってるグレーな仕事って、それってつまり、万事屋銀ちゃんのパシリなんじゃ・・・・・・!( ̄□ ̄;)!!

いやだって、そうじゃなかったらおかしいもの!
銀さんがパク様の住所と電話番号をソラで覚えてる理由がないもの!
これってつまり、銀さんが攘夷戦争が終わった後もずっとパク様のことを焼きそばパン補給係にしてた・・・じゃなくて、気にかけてたってことですよね!気にかけて、ずっと付き合いが続いてて、自分だって金欠なのに困ってるパク様を見かねて、ちっしょーがねーなとか言いながらパク様に仕事まわしてあげる銀さん・・・優しい!(´;ω;`)ブワッ(ぇー
よくよく考えれば、パク様が一番銀さんの弟分歴が長いしね!そりゃ、銀さんとパク様の間には知られざる絆があるに違いないよね!

パクヤサ 鯱 新八

・・・みたいな、もうね、銀さんのメモ1枚で、
妄想と捏造がスパーキングっすよ、自分。←落ち着け

ハッΣ(゚ロ゚〃)、そうか、パク様かぶき町に住んでるなら、新ちゃんや神楽ちゃんとも既に知り合いな可能性もあるのか・・・・
キタコレ!☆(≧▽≦)☆!

と、パク様感想ばっか書いてても仕方ないわけで、そう、銀さん!
目を使わない相手に対する銀さんの影分身の術(←違う)は、銀さん隠し子編で似蔵さんと戦ったときも使ってたし、これもう、天堂無心流の必殺技名※に負けないかっこいい技名つけて必殺技としてぶちあげたらいいんじゃないかと思わないでもありません。

※「邪星剣烈舞踏常闇(じゃせいけんれっつだんしんぐおーるないと)
  雷神如駆特別極上奇跡的超(らいじんぐすぺしゃるうるとらみらくるすーぱー)
  配管工兄弟弐號役立不弟逆襲(まりおぶらざーずせかんどえでぃしょんるいーじのぎゃくしゅう)
  監督斬(でぃれくたーずかっと)」


「配管工兄弟」を「捕袈悶豪(ぽけもんごー)」に変えて・・・そうすると「弟」は「琉威々慈(るいーじ)」に変えるべきか・・・・

ってことはさておき、目玉焼き銀さんがごっさイケメンだった!
そして杉田さんボイスがめっさかっこよかった!
杉田さんボイスはオールウェイズにイケメンボイスですが、回を経るごとにイケメン度が上がってる気がします。檜山さんボイスがかっこいいことは間違いないけど、杉田さんボイスも負けてない!むしろ勝ち負けの問題じゃない!
どっちもかっこいい!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

そして、そのかっこいい声のかっこいい銀さんが幾つもの殺気を立ち昇らせて戦う姿は掴みどころがない銀さんそのままで。その一方で、明日の朝飯のために戦うと嘯く語る銀さんは万事屋っていう地にしっかり足をつけてもいて。
掴みどころがないけれども、ぶれない芯が、ぶれない魂が確かにそこにある。その二面性・・・っていうか多面性が銀さんスキーにはたまらんムラムラポイントですよね。

と、前半はパク様8割、銀さん2割で悶えたところで(←銀さん少なっ)、後半はと言えば高杉さんポエム。

高杉さんポエムの「こらえきれなくなってこぼした最初の雨」の色が金色だったせいか、うっかりゲロを連想しちゃって、いや、その色は涙じゃなくてゲロの色だろ!( ̄□ ̄;)!!とツッコミそうになったところで、蝶々に変化したので一安心っていうか、私がそんな風に連想しちゃうのは私のせいじゃなく、今まで散々ゲロを金色で描いてきたアニ魂のせいだと思います。

ってことはどうでもよくて、こうしてアニメになると、寝起きでそんだけ動ける高杉さんパねぇって思わざるを得ないんですが、桂さん、坂本さんの声を聴いて口元をゆるめる高杉さん、洞くんを手にする高杉さん、銀さんと対峙する高杉さん、息をするように自然人憎まれ口を叩く高杉さん・・・・・・って、なんだこの、高杉さん祭り!( ̄□ ̄;)!!

しかも子安さんの声の強弱がやばい!何あれ!

「高杉役の子安さんからも『"松陽先生の姿をした何かに対して攘夷志士が仲直りして戦う"という展開に、簡単になるのは嫌だ。逆に、どうすれば彼らは仲直りをしないまま同じ方向を向けるのだろう』と考えているのが、ひしひしと伝わってくるんです」
(アニメージュ3月号 杉田さん)

くっ・・・・・高杉さんが子安さん込みでかっこよすぎる・・・・・

そして、個人的な好みで言えばバトルシーンです。
アニ魂のバトルはいつでもどんな時でも見入っちゃうくらい大好きですが、丸腰でも危機感を感じる素振りすらないアクション。
紅桜篇での対天人の時の銀さんだったり、将軍暗殺篇での対攘夷志士の時の総悟くんだったり、そして今回の対奈落の時の寝起き高杉さんだったり、丸腰から相手の武器を奪い縦横無尽に戦うスタイルがすごく好きです。
刀を主な武器に戦う作品でありながら特別な刀を特別に振るうわけではなく、どんな刀であっても変わることなく、時には刀ですらなく、そして、手にする武器に左右されることなく己の力と技と覚悟で戦う。
バトル漫画の側面も持つ作品でありながら必殺技がないことが銀魂の特徴(の一つ)ですが、同じくらい、武器にこだわらない戦い方も銀魂の特徴だと思ってます。

ジャンプバトル漫画らしくない戦い方。
そしてジャンプキャラらしくないその振る舞い方。
それってつまり、銀さんを始めとする侍達にとって戦うことは楽しさを見出すものではなく、生死の境界線上にあるものに過ぎないことを表してるようでもいて、だからこそ傷だらけ血だらけで戦うその姿は「かっこいい」と同時に「痛々しさ」も感じてしまうんだと思います。

とは言え、十年を経て揃った4人のバトルには、「痛々しさ」なんてなくて、むしろ楽しそうで、そんな楽しそうな4人が揃った姿を色と声と動きがついたアニメで見ることができてただただ胸熱でした。EDの嵌り感も良かった!
来週は更に大暴れする4人がアニメでどんな風に描かれるのかごっさ楽しみです♪

と、大満足で感想を終わりたいとこですが、おまけに盛大な 茶番が(笑)

アニメージュ3月号で杉田さんが「アニメではいよいよパクヤサも登場します。"中の人"に『杉田、お前のしゃべり方はどうなの?』といろいろ尋ねられて、かなりディスカッションをさせてもらった記憶があります」って言ってた意味がよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉく分かりました。
そこか!そこなのか!

あの攘夷戦争時代の名言が かたっぱしから檜山さんボイスで塗りつぶされていく衝撃(笑)

檜山さんの方が杉田さんより年上ながら、檜山さんボイスから醸し出される10代感すげぇ。
そして、来週から主役はパク様でいいんじゃない感がすげぇ。


パク様ファンにとって最高のキャスティングでした。ありがとうございましたm(_ _)m

それにしても、山寺宏一さん、井上和彦さん、子安武人さん、石田彰さん、三木眞一郎さん、山崎たくみさん、檜山修之さん・・・っていう早々たるメンツに囲まれる杉田さん・・・・
既にもう新人とは言えないのに、このメンツだと杉田さんからめっさ新人臭っていうか、パシリ臭がするっていうか(笑)、超ベテラン声優さん達に焼きそばパンを補給してる杉田さんっていう妄想だけで、来週のアニ魂まで乗り切れそうだってのは内緒ですwww



こちらこそ、艱難辛苦を乗り越え、10年続けてくださってありがとうございました。

とは言え、来週はもう、夜兎ターン突入かよ!早っ!( ̄□ ̄;)!!
攘夷組コントで1か月くらい迂回すればいいのにぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o


      
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/14330-9e2ba0f0

Comment

子持ちししゃも

かずはさん こんにちは。
パク様は檜山さんでしたね(笑)まさかオープニングから弄ってくるとは…このどシリアス真っ只中でこういうことするあたりがさすが銀魂だなと思いました。
妙にエンディング早かったから絶対何かあるとおもったら案の定でしたね(笑)
パク様がキャスティング含めて全部持っていっちゃったのに妙な満足感がありました。

今度の注目はマミーの声ですよね。
個人的には某ナウシカのクシャナ様役だった榊原良子さんだったらいいなぁと思ってます。パピーと共にいく決意をした時のセリフの破壊力が半端なくてテレビの前で「凄ェ…世界が萌えちまう訳だぜ…」ってなりますよ(笑)
パク様のキャスティングも神ってたのでマミーも楽しみです!
  • URL
  • 2017/02/14 14:21
  • Edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/02/14 19:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/02/14 19:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/02/14 20:05

多分、檜山さんがパクヤサにキャスティングされたのは外見の理由が九割だと思いますw
しかし、パクヤサは檜山さんボイスで、ちんざむは杉田さんボイスだから、パクヤサ=貧乏だから痩せたちんざむ説は違うということか。
  • URL
  • 2017/02/14 21:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/02/15 00:00

名古屋市の河村市長の銀さんコスプレもパクヤサコスと考えますと非常に完成度高けーなオイです。画像検索ですぐ見つかりますので1度御覧になってみて下さいませ
  • URL
  • 2017/02/17 15:45

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon