【アニメ感想】 銀魂 第295・5話(DVD同梱版66巻)「愛染香篇・後編 永遠の花」

愛染香篇 銀さん


思えば65巻の頃はまだアニメ再開が告知されてなかったわけで、っていうか、65巻発売の一か月半後くらいにアニメ再開が告知されてたってことは、65巻の時点でもう分かってたってことじゃん!
むしろアニメ再開が分かった上で愛染香篇をDVDにしたってことなの?そうなの?
確かに夕方にこの内容はマズイとは思いますが、そこを敢えて夕方放送しようよ!某BPOに喧嘩売ろうよアニ魂!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

と思ったとか思わなかったとか。←どっちだよ
まだ未放送のエピソードいっぱいあるし、アニメ再開の暁にはそっちからやってくれないかなー。ダメならしょうがない、同梱しちゃえよ。同梱しまくっちゃえよ!

と思う今日この頃。

ちょっ・・・・・作画良すぎじゃね?Σ(//Д//)

いやもう、バトルシーンの銀さんとアレがとれて別の道に目覚めた近藤さんがかっこよすぎてどうしようかと思いました。

冒頭から、「夢なら一人で見な ハニー」の言い方がごっさかっこよくてやっぱ杉田銀さん最高だな。いや、私は2005年のジャンフェスアニメの頃から杉田さんすごいと思ってたから。
銀さんと土方さんの声優逆にした方がいいんじゃないかなんて言ってなかったから。
言ってたとしてもそれもうただの黒歴史だから!

と聞かれてもないのに言い訳しちゃうくらい杉田銀さんの言い回しがかっこよくて、いや杉田銀さんってここまでかっこよかったでしたっけ!アニメが再開したら毎週杉田銀さんボイスが聞けるのかと思うとめっさやばい。むしろごっさやばい!

どどど、どうしよう!( ̄□ ̄;)!!

っていう先走った心配をしちゃうくらいかっこよかったし、
相変わらず銀さんのバトルシーンは演出がばっちり決まって普通に相手が痛そうでかっこよかったし、
別の道に目覚めた直後の近藤さんがさすがイケメンチンピラ集団のトップなだけあってイケメンだよ!って主張したいくらいかっこよかったしで、なんかもう、あれだ。とにかくかっこよかったです。←何この頭の悪い感想。

ってだけじゃなくて女性陣!
月詠さんがクナイで砲弾叩き落すシーンって漫画だとめっさ小さいコマなんですけど、アニメになったら迫力すげぇ!
月詠さんがチートかっこよすぎる!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

そして、何と言っても蛍さんがすごくきれいでした。
ずっと好きだった幼馴染に会いに行ったとき、忘れようと愛染香に身をゆだねてた時。
前篇ではそこまで思わなかったんですけど、声と仕草があいまってどのシーンの蛍さんもとても儚くて、とても綺麗でした。
銀さんがいちいち水を差す発言をするのに普通にイラっとするくらい綺麗でした。


そう、月詠さんと蛍さんのシーンだけをチョイスしたらすごく綺麗でいい話なんですよね。愛染香篇って。
吉原の空がきれいなのも、吉原炎上篇を思い出して感慨深いし。
思えば、日輪さんしかり、鈴蘭さんしかり。
吉原で描かれるのは悲恋ばかりだったので、蛍さんが花を咲かせてくれたのはすごく良かったし、吉原を悲恋だけで終わらせない空知んたまに感謝したくなるしで、いい話だなって。

いつものレギュラー陣が大騒ぎしなければ。

ツンデレって狂暴化する姉上はかわいかったし、錘見て嬉しそうな九ちゃんはかわいかったし、目覚めた近藤さんは気持ち悪かったし(←誉めてます)、ハナクソ伯爵銀さんと同じくらいチェリー銀さんの声音が気持ち悪かったし(←誉めてます)、キノコ銀さんにはしっかりキノコがあるのにキノコ近藤さんにはキノコがついてないっていう芸の細かさが楽しかったし、前編同様、

ベッドインのシーンが無駄に生しかった

しで、楽しかった!楽しかったのもホント!
わりと銀魂ってそっち系のネタやっちゃうよね!六股篇の銀さんと長谷川さんとか!
っつか、銀さんって本編で2回も公式でやっ・・・・・・げふんげふん。
タブーがふわふわしてるのが銀魂のいいところですが、そこをふわふわしきれなかったから愛染香篇が夕方にテレビ放送できなかったのかと思うとちょっと自重しろと思っちゃうのもホントっていう(笑)

とは言え、いい話とダメな話が、人情とと下ネタが違和感なく同居してるのが銀魂の醍醐味だとも思ってるわけで・・・・
っていうか、この頃の銀魂、良かったなー。
一国形成篇とかシリアス長編はあったけど、ひどい話もいっぱいあったし。
いえ、今のシリアスまっしぐらな銀魂も大好きなんですけど、66巻の朧さんエピソードが重すぎるっていうか、
愛染香篇と烙陽決戦篇ってホントに同じ世界観なのかよっていうくらい朧さんエピソードが重すぎてもう・・・(ノд-。)ホロリ

でも、どれだけバカやってても。どれだけポンコツな発言をしようとも。
それでも自分の剣の届く範囲。自分の国は護りきろうとする覚悟。
66巻に収録されてる銀さんの台詞と、愛染香篇の銀さんのセリフには同じ覚悟が伺えて、

「俺の国に その臭ェ足で入るんじゃない」(598訓)
「俺のハニー達はもう一輪たりとも散らせねェェェェェェェェェ!!」

どっちに振り切れてても、いつでもどんな時でも、どんな敵を前にしても、どんな状況でもやっぱり銀さんは銀さんだなって。
そんなことを思わされたりもしてました。

やっぱいいなー。銀魂。
声と動きがつくアニ魂もいいなー。
アニメ再開、本当に良かった。

っていうか、今日はド平日なのに銀魂更新しすぎました。
明日も忙しいし、夜更かし現金。じゃなくて厳禁。
明日はアニキューとカープパレードと銀魂66巻通常版だ!☆(≧▽≦)☆!

      
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/13981-2041126a

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/11/05 02:47

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon