【ジャンプ感想】銀魂 第595訓「希望」

ジャンプ32号感想(ネタバレ)です。 


銀さん


銀さんでした♪



【本編】

朧さんが高杉さんの変なとこを攻撃するから、高杉さんが口の周りをあんこでべたべたにしてるように見えて仕方ない自分をねじきりたい衝動にかられつつ、

「抗う者達よ 虚ろを倒せ」
「全てが終わる前に 虚(あのひと)を・・・・終わらせてやってくれ」


朧さんが本当に言いたかったのは「終わらせてあげてほしい」ってことだったんだなと思うと同時に、朧さんだけは虚さんのことを「あのひと」って!「ひと」って・・・・!(´;ω;`)ブワッ

朧さんが虚ろさんを「ひと」扱いしていることに目から水がダダ漏れそうです。朧さんめ!。・゚・(ノД`)・゚・。
と、冒頭から朧さんに文句を言う羽目になってたんですが、いや待て。
一番文句を言うべきなのは、松陽先生の一番弟子として、仔銀ちゃん達の兄弟子として、「松陽先生や仔攘夷と一緒にいる朧さん」絵をねじ込んできた空知んたまだよ!。・゚・(ノД`)・゚・。

「もし」と「かたられば」なんて仮定の話を始めたらきりがないけど、5人が一緒にいたら、今の万事屋としての銀さんとか攘夷志士としての桂さんとか鬼兵隊の高杉さんとか存在しなかったかもしれないし、坂本さんとも出会ってなかったかもしれない。
そう思うと気持ちの持って行き所がないよ!くそっ!空知んたまめ!

「彼方立てれば此方が立たぬ」ってこのことか!( ̄□ ̄;)!!←落ち着け

そんなわけで、私は諦めが悪い粘着質なタイプなので、朧さんがこと切れたように見えても、高杉さんが朧さんをお姫様抱っこ(←すげぇ重そうに持ってた。高杉さん、しっかり!)して、

「コイツの眠る場所はここじゃねェ」

と言ったとしても、しぶとく朧さんはまだ生きてると。
最終的には松陽先生の元に行ってしまうとしても、弟弟子のピンチに現れたり、虚さんのピンチに現れたり、なんやかんやで現れたりしてほしいなと心の底から思います。

「帰るぞ 松下村塾へ」

そして、高杉さんから「帰る」って言葉が聞けただけで満足!
しかもそれが、弟弟子から兄弟子へ向けた言葉ってところに激しく満足!!

かてて加えて、松陽先生の最後の「ありがとう」の意味をずっと測りかねてたけど、松陽先生が残すことのできた松下村塾っていう希望に向けた言葉であり、笑顔だったことも分かって満足!
っていうか・・・・・・・そんな松陽先生の真意が分からないまま銀さん達が10年も悶々としたものを抱えてたのかと思うと、

少しは教えてあげてても良かったんじゃないかな!松陽先生!

少しくらい教えてあげてたらこんなややこしいことになってなかったんじゃ・・・・!
少なくとも、兄弟子がいるよくらい仔銀ちゃん達に言ってあげようぜ!

と思わないでもないですが、いやでも、自分で、
朧さんも含めて銀さん達に、自分たち自身の力で気付いて欲しかったってことなのかもしれません。
うん、きっとそう。
虚さんを止めるために生まれた人格だとしても、松陽先生は最後まで「先生」としてその生を全うしたんだなって。
銀さん達を導く存在としてありつづけたんだなって。
そうして、そんな松陽先生の生きざまを受け止めた桂さんがこんなことを言ってました。

「死に臨んでなお あの人の目に映っていたのは(略)
 坂田銀時(おまえ)という大きな希望の姿だった」


ぎ・・・・・銀さんがここにきていきなり、
全宇宙を救う救世主的なアレになったぁぁぁぁぁ!( ̄□ ̄;)!!←ぇー

ちょっ・・・・!
待っ・・・・!
銀魂読み続けてきて、衝撃的な事実はいっぱいあったけど、これが一番の衝撃かもしれません。
だって銀さんってあれじゃん!

「幕府が滅ぼうが国が滅ぼうが関係ないもんね!」(2訓)
「国が滅ぼうが侍が滅ぼうがどうでもいいんだよ」(167訓)

っつってた人じゃん!

「俺のこの剣 こいつが届く範囲は俺の国だ」

自分の剣が届く範囲を護りたいって言ってた人じゃん!
いやまあ、確かに、連載が続くにつれ、ゴムゴムの実でもつまみぐいしたんじゃないかってくらい腕が伸びて国の範囲もでっかくなっていってたけども。
蓮蓬篇でイゼルローン空っぽの星を洞くんでぶった斬った時は、ルフィの腕の長さを超えただとぉ!!( ̄□ ̄;)!!銀さんの国宇宙レベルかよ!とか思ったりしたけども。

それが、全てを終わらせるために全宇宙を巻き込んだ戦いを起こそうとする虚さんに抗う「希望」っていう存在にまでなっちゃうとか・・・・っていうか、そのどさまぎで全宇宙を護らせられる羽目になるとか(←どさまぎ言うな)、銀魂読み始めたころから、つい最近まで1ミクロンも想像すらしてなかったよ!( ̄□ ̄;)!!
っていうか、桂さんも松下村塾の塾生=「希望」なんだから、銀さんにぶん投げんな!( ̄□ ̄;)!!(ぇー

仔銀ちゃんとか仔晋ちゃんっていう問題児と付き合い続けてきたせいか、桂さんってなんだかんだ言って正面切って敵を攻めるよりむしろ、「味方を護るための功のない戦」に徹するタイプですよね。何気に気苦労が多そうです。苦労しすぎて剥げたらどうしよう・・・・←何の心配?

一国傾城篇で初めて松陽先生の死が描かれてから4年。
将軍暗殺篇で松陽先生の死にざまが描かれてから1年半。

ジャンプ主人公っぽくないと思ってた銀さんが今やすっかりジャンプ主人公みたいになっちゃって・・・・と、わが子の成長を見守る母親の気分ってこんな感じかしらとしみじみしつつ(←ぜってー違う)。
松陽先生の最後のあの時、松陽先生が笑った理由と、白夜叉が笑った理由が描かれ、物語があるべき方向へと走り出しました。
ばらばらな人たちがばらばらなまま、それでも同じ目的をもって最後の戦いへと赴きます。
銀さんの目が全然死んでないので、目薬とか差し入れしたい気分になりつつ(眼精疲労が大変そう←ぇー)、
いつもの着流しに戻るとそれだけで安心感半端ないなとも思いつつ、
高杉さんの顔の傷が消えてる!良かった!(´;ω;`)ブワッ と感涙(?)にむせびつつ、
高杉さんが包帯してないのって、テロリストとしてじゃなく鬼兵隊総督として、そして松下村塾の塾生として戦うっていう心境の変化なのかなとも思いつつも、最後の戦いへ。

侍(ぼくらの)最後の戦いが始まる。

そう、最後の戦い。



「最終章」って!( ̄□ ̄;)!!

うん、知ってた!( ̄□ ̄;)!!

いやだって、去年のジャンプフェスタで、空知んたまが「来年からはじまるシリーズが銀魂最終章」って(手紙で)言ってたって教えてもらってたしー。63巻にも「最終章には今年中に入ると思います」ってあったしー。
あ、やっぱりそうなんだ!っていうのが正直な感想ですが、今までも何度か書いてるとおり、私は物語はいつかは必ず終わるし、きちんと終わることが連載を続けるよりもきっと一番難しくて、そんな中きちんと終わってこそ真の傑作になりうると思ってるので、いざ終わると身もふたもなく泣きわめくと思いますが(ぇー)、「終わる」こと自体は受け入れてます。
むしろ、最終章って言ってもらう方が、終わると思ってなかったのにいきなり終わったぁぁぁぁぁぁぁぁ!( ̄□ ̄;)!!ってことがない分いいんじゃないかとも思ってます。
いやほら、いきなり終わったらそれこそ心の準備ができなくてのたうちまわることになるし。
とは言え、心の準備があったとしても、銀魂が終わったらのたうちまわってるだろうけどね!☆^(o≧▽゚)o

何が言いたいのか自分でもよく分かりませんが、最終章ってことは、のたうちまわる未来が少しずつ近づいてるってことで、今まで何度も書こうとして、でも、自分のあまりにも粘着質な文章が気持ち悪くて結局出せなかったファンレターに再挑戦でもしてみるかな!

銀さん 
なんだかんだ言って、銀さんが一番馬車馬のように働かされてるんじゃ・・・


【磯部磯兵衛感想再掲】

「武士の道は・・・一本道にあらず
それぞれ生まれも育ちも姿かたちもちがう 武士なのだから
ちがうやり方に良い悪いなどないで候」
「千の武士に千の道あり どこまでもつづく果てしなき分かれ道」
 (今週の磯兵衛)

「たとえ氏も素性もしれなくとも たとえ護る主君も戦う剣ももたなくとも
それぞれの武士道を胸に掲げ それぞれの侍になる事はできる」
 (銀魂517訓 松陽先生)

「侍のあり方は一つじゃねェ
迷い悩み自分の致道えお追い求めるその姿勢こそが侍なんだ」
 (銀魂538訓 近藤さん)

すげぇ!
磯兵衛が松陽先生や近藤さんと同じこと言ってる!( ̄□ ̄;)!!

というわけで、生まれる時と場所と作品が違えば、磯兵衛が銀さん達の先生になってたり、土方さん達の大将になってたりしたのかなとしみじみしちゃいました。パねぇ。

っていうか、日向くんの名前(翔陽)と松陽先生の名前を素で間違える!ヘルペスミー!


【巻末コメント】

「一日中ニュース見て仕事してます。ニュース女子がお気に入り 」

え、何それ、知らない!( ̄□ ̄;)!!


【銀魂スケジュール】 

《誕生日》

 7月12日 茶斗蘭星大使
    13日 獏大魔王
    16日 そよ姫 
    19日 七兵衛  
    20日 星海坊主
    21日 破牙検事
    24日 海老名さん 
    28日 艦長(亀)
    29日 魔死呂威鬱蔵
    30日 修輪(全蔵の仲間)

《その他》

 7月27日 DVD&Blu-ray13巻
 
 8月 4日 65巻&「愛染香篇」アニメDVD同梱版
 9月28日 銀魂晴れ祭りDVD
11月 4日 66巻&「愛染香篇」アニメDVD同梱版
12月 ジャンプ流発売!・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚!
2017年夏(仮) 銀魂実写映画公開!



これが万事屋なら、わりとしょぼい感じでそれっぽいなって(笑)






           その他ジャンプ感想は こちら です。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/13580-66a6e1a9

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/07/11 20:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/07/11 21:30

ヨネマーズ

銀魂のエキストラに応募はされたんでしょうか?
撮影は広島であるとか…。
ネタバレはNGみたいですがぜひ参加してかずはさんの荒い鼻息…じゃなかった、実際に感じた現場の熱気を伝えて欲しいです。
  • URL
  • 2016/07/12 23:22
  • Edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/07/13 20:29

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon