【ジャンプ感想】銀魂 第587訓「すっとこどっこい」

ジャンプ24号感想(ネタバレ)です。 

阿伏兎 銀魂

阿伏兎さんでした♪

そして、今日は小銭形さんの誕生日です♪おめでとうございます!

っていうか、来週、まだカラーじゃないだとぉ!( ̄□ ̄;)!!



というわけで、来週こそキャラ人気投票のカラー回だと思ったのに違ってました。゚゚~ヽ( ̄Д ̄*)チェーッ
再来週か!再来週に期待すればいいのか!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o


【本編】

本編はと言えば。
一番こじらせてるのは高杉さんかと思いきや、神威も負けてなかった!
170センチはいろいろ真面目に考えすぎ!( ̄□ ̄;)!!
長篇名、烙陽決戦篇じゃなくて、170センチめんどくさいよ篇にすればいいのに!
と思ったり思わなかったりする今日この頃。←どっちだよ

サブタイトルが「すっとこどっこい」で、なんかもう、阿伏兎さぁぁぁぁぁぁん!。・゚・(ノД`)・゚・。 と、本編読む前から泣きそうです。←落ち着いて!

ジャンプ感想にくっつけてる鉛筆絵はジャンプ本編読む前に描いてるんですが、それを阿伏兎さん絵にしちゃったのは何か空知んたまの電波を受信しちゃったのかしら自分すげぇ!

っていう戯言なんかどうでもいいです。
今週の阿伏兎さん、無精ひげどこにいっちゃったの?┐(゚⊇゚)┌ ってこともどうでもいいです。(ぇ

阿伏兎さんは!
阿伏兎さんは夜兎親子の日常フォローとつっこみだけしてればいいんであって、非日常フォローなんてしなくていいから!解説だけしれてばいいんだから!
そこにいるだけでいいんだから、余計なことしないで!。・゚・(ノД`)・゚・。
吉原炎上篇の時の神楽ちゃんといい、今回の神威といい、夜兎の本能が覚醒したときは阿伏兎さんが体張って止めなきゃいけないお約束でもあるの?( ̄□ ̄;)!!

っていう阿伏兎さんを心配する気持ちと、でもここで、自分の命を懸けてまで関わっちゃうからこそ阿伏兎さんがくそかっこいい!。・゚・(ノД`)・゚・。っていう気持ちがせめぎあって頭パーンっていうか、

「敵を殴る痛みにも殴られる痛みにも耐えられねェ奴に拳を握る資格はねェ」
「逃げるんならいっそ拳を引け 戦うならてめェの拳で戦え
 それでもこの副団長の忠言がきけねェなら 仕方ねェ
 バカ団長に付き合わされんのはもう慣れっこさ
 死ぬまで戦いをやめねェなら どこまでも付き合うのが俺達第七師団だ」


ここに来て、なんだこの 阿伏兎さんの無駄なかっこよさ!( ̄□ ̄;)!!

ここで笑えるところが、尾美一兄貴を思い出すし、阿伏兎さんは副団長であると同時に神威の兄貴分でもあるんだなとも思うし、銀さんにとっての万事屋だったり、桂さんにとってのエリザベスだったり、坂本さんにとっての陸奥っちゃんだったり、高杉さんにとっての鬼兵隊だったり、銀さん達は攘夷戦争でからっぽになった後に、それぞれそのからっぽを満たしてくれる相手と出会ったわけですが、神威にとってはそれが第七師団であり、何より阿伏兎さんだったんだなって。
だって、からっぽっていっても、阿伏兎さんの回想の中で戦ってる神威がめっさ楽しそうだったんだもの!
江華さんを護れず、家族を捨て、家族の前から去ったときの神威のままだったら、あんなに楽しそうに笑えてたはずないもの!

神威、阿伏兎さんに出会えてよかったね!。・゚・(ノД`)・゚・。

っていうか、阿伏兎さんは夜兎親子と関わらなかったらもっと心穏やかに華陀さんみたいな美人な彼女でも作って過ごせたんじゃないかと思わないでもないですが(ぇ)、つくづく面倒見がいいっていうか、土方さんに負けず劣らずのフォロー気質っていうか、

(; ・`ω・´)ナン…ダト!?

ちび神楽ちゃんが止めた星海坊主さんと神威の親子喧嘩の現場に阿伏兎さんもいた(=ピーピングしてた)だとぉ!
しかも、神威の真情をあの時あの場にいた誰よりも理解してただとぉ!

「止めてほしかったんだろう
 だからわざわざ親父がいる時にお袋を攫おうとしたんだろう」


わ、わわわ、私だってそれくらい気づいてたんだからね!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o
と言いたいところですが、そんな神威のツンデレっぷりには全然気づけてませんでした。
阿伏兎さん、どんだけ神威の理解者だよ。

「どんな死地でも不適に笑い戦うお前の姿は第七師団(おれたち)の誇りだった」

って、いや、そんな風に笑えるようになったのは、阿伏兎さん達のおかげだからね!絶対そうだから!
と、阿伏兎さんの両肩をぶんぶん揺さぶりながら小一時間説教したい気持ちでいっぱいになりました。
「お前の背中に俺達は惹かれたんだ」って言ってて、第七師団ってどんだけ両想い師団なんだよと思うと同時に、阿伏兎さん意外の第七師団の皆さんは私の中では単なるモブだったんですが(←ひどい)、よくよく考えてみれば、阿伏兎さんだけじゃなくモブの皆さんだって、いつでもどんな時でも、春雨の元老院から見捨てられたときですら団長に付き従ってたわけで、ここに来て、4巻27訓の坂本さんの台詞が身に沁みました。

「人が集まってくる男ちゅーのは何かもってるモンぜよ」

いいこと言うよね!坂本さん!
そして、烙陽決戦篇の後半は夜兎親子話とみせかけて、第七師団の絆まで描ききるとは空知んたま・・・・



神威を止めるのは。
神威の拳を止めるのは銀さんだと見せかけて、阿伏兎さんとかただもう、ひたすら
展開がかっこよすぎてマジヤバイんだけどコレ マジヤバイよどれくらいヤバイかっていうとマジヤバイ レベルです。
これで阿伏兎さんが最初はザコキャラの予定だったとか信じられるわけがない。

※モンチッチ齊藤さん(クイックジャパンアニ魂特集)
 「あ、空知先生は『銀魂』のアニメ版すごく好きですよ。
  阿伏兎っていう神威の相棒の声(大塚芳忠)をめちゃめちゃ気に入ってて、
  『いや~、殺さんで良かったっすわー」って言ってました。最初、ザコキャラの予定だったんですよ」


って、わりと冷静に感想を書いてる風を装ってますが(←どこがだよとか言っちゃダメ)、もう、サブタイトルから阿伏兎さんの死亡フラグ臭が漂ってて、阿伏兎さんがかっこよければかっこいいほど心配で、

「笑えよ らしくねェツラで戦ってんな すっとこどっこい」

私の中の阿伏兎さんスキーな気持ちは、アニ魂での芳忠さんの「すっとこどっこい」の言い方がありえないレベルのかっこよさと嵌り具合故がきっかけだっただけに、ここで、この場面で、ここに来て、「すっとこどっこい」って!。・゚・(ノД`)・゚・。
芳忠さんボイスに脳内変換しただけでもうやばい!。・゚・(ノД`)・゚・。
アニ魂が復活してリアルな芳忠さんボイスを耳にしたら死ぬ!。・゚・(ノД`)・゚・。 ←落ち着け

空知んたまがここで神威に阿伏兎さん殺させるわけなんてないとは思っていても心配は心配だし、

「アイツが元の兄貴に戻ったとしてもそこに妹も親父もいなければ意味もねェだろう?」

とか言ってるけど、もう、バカかと。
親子と過ごしたよりも長い時間阿伏兎さんと過ごしてきた神威にとって、元のお兄ちゃんに戻って、そこに神楽ちゃんや星海坊主さんがいても、阿伏兎さんだっていなきゃ意味があるはずもなく。何自分のこと棚にあげてんの阿伏兎さん?バカなの?っていうか、バカだろ!
いやでも、バカ兄貴に負けないくらいバカだからこそ、神威を止めるのは星海坊主さんでも神楽ちゃんでも銀さんでもなく、阿伏兎さんなのかもしれません。

名前も忘れた獣と化したはずなのに、阿伏兎さんとの日々を脳裏に巡らせる神威を見て、家族と過ごした日々と同じくらい阿伏兎さんとすごした日々は大事なのかと思うと、なんかもうあれです。
コミックス4冊並べて家族が揃ったっつって喜んでたけど、



正しい並びはこうじゃなかった!



正しいのはこの並びだったんだ!
だってほら、コミックス表紙の背景の宇宙、青だったり黒だったり緑だったりいろんなパターンあるけど、この5人。
阿伏兎さん含めたこの家族。背景の宇宙の色が同じだもの!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o

と、ひたすら阿伏兎さんのかっこよさにドキドキし、神威にとっての阿伏兎さんの存在の大きさに感動してたんですが、

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

   。 。
  / / ポーン!
( Д )

( Д )    ......._。......_。 コロコロコロ…


ここに来て 新ちゃんて!( ̄□ ̄;)!!

新ちゃんて!( ̄□ ̄;)!!
※ 大事なことなので2回言いました。

いや確かに新ちゃんも阿伏兎さんとの因縁あるけども。
吉原炎上篇での新ちゃんの男気があったからこそ、体をはって神楽ちゃんと新ちゃんを助けるっていう阿伏兎さんの行動があったことは理解はしてたけども。

神威の拳を止めるのは銀さんだと見せかけ、
実は阿伏兎さんと見せかけ、
最終的には万事屋ちびっこ二人とか、ちょっとあの・・・・

展開すごすぎやしませんか?( ̄□ ̄;)!!

ってのと同じくらい、ここに来て、

新ちゃんがかっこよすぎやしませんか?( ̄□ ̄;)!!

吉原炎上篇で、「お前たちの甘い選択でどこまでいけるかやってみるがいい」と嘯きながら体を張って新ちゃんと神楽ちゃんを助け、今回は体を張って神威に家族を取り戻させようとし、阿伏兎さんったら銀さんに負けず劣らず甘いもの好きだよね!とか思ってたところにこの新ちゃんです。

銀さんですら力負けしちゃう相手にも関わらず、ひるむ様子すらなく神威に相対する新ちゃんです。

「もう 誰も死なせはしないよ 僕らもこの名に・・・万事屋の名にかけて」

ここに来て、なんだこの 新ちゃんの無駄なかっこよさ!( ̄□ ̄;)!!

新ちゃんの台詞で一番大好きなのは、吉原炎上篇での

「いつだって何かを護る度に ちょっとずつだけど僕ら 強くなってきたじゃないか
 だから涙をふいていこう
 きっと僕ら また一つ強くなれるさ」


なんですが、新ちゃんの有言実行っぷりがやばいです。新ちゃんてここまでかっこよかったでしたっけ?
いや、周りが化け物揃いな中で、振り落とされずここまでついてきてるってだけでも十分凄いのは分かってたけども、一つどころか百くらいかっこよくなってる気がするっていうか、銀さんのかっこよさに浸る気満々でジャンプを開いたらかっこいいのは阿伏兎さんで。
阿伏兎さんのかっこよさを堪能する気満々でジャンプを読み進めたらかっこいい新ちゃんで以下次号とか。

予想の斜め上の展開すぎた!

銀魂って、ここぞって時はベタで王道なくせに、そこに至るまでの展開が予想外すぎて、次の展開を予想する甲斐がホントにない漫画だなとつくづく思いました。
っていうか、思い知らされました。
シリアス長編になってから、毎回神回だと密かに思ってきたけど、今回もホントそう。
阿伏兎さんがくそかっこいいで終わらず、新ちゃんがくそかっこいい展開に持ち込んじゃうとか、空知んたまがくそを100個くらいなすりつけたいくらいかっこいい!←くそ言い過ぎー


くそくそ連発してたら、これを思い出しました。色使いがめっさファンシー(笑)

 

っていう〇ンコ話はさておき、今週の銀魂は、20代(銀さん)や30代(阿伏兎さん)や40代(星海坊主さん)がどれだけかっこよくても、なんだかんだいって10代のポテンシャルにはかなわないってことなんでしょうか。
ラストの新ちゃんの銀さん達を差し置くレベルのかっこよさを見て、某クワトロ大佐ばりに、



って言いたくなったってのは内緒です。(ぇ
かてて加えて、まさかここで、新ちゃんの必殺技。
そんな伏線まで回収しちゃうの?っていうか、もしかしてあの必殺技って、伏線だったの?( ̄□ ̄;)!!
ってことに驚くと同時に、
「恒道館道場一子相伝「邪聖剣烈舞踏常闇雷神如駆特別極上奇跡的超配管工兄弟弐號役立不弟逆襲監督斬(じゃせいけんれっつだんしんぐおーるないとらいじんぐすぺしゃるうるとらみらくるすーぱーまりおぶらざーずせかんどえでぃしょんるいーじのぎゃくしゅうでぃれくたーずかっと)」が炸裂するとか胸熱すぎるだろ。
父上もきっと、草葉の陰で涙してるに違いありません。

くそっ!やっぱ楽しいよ銀魂!
いちいち全員かっこよすぎるよ銀魂!
来週が楽しみすぎて大変!o(>ロ<o) (o>ロ<)oバタバタo(>ロ<o) (o>ロ<)o



【巻末コメント】

「アニメ打ち上げへ。宮脇監督(女性)の下ネタは銀魂より酷い。 」

てっきり、今週の新連載についてのコメントが来るとばかり思ってたら、宮脇監督への感謝の言葉でした。
うん、これもう、空知んたま流感謝!☆(≧▽≦)☆!
銀魂よりひどいって、最大級の褒め言葉!な気がする!多分!おそらく!きっと!だったらいいな!(ぇー



【銀魂スケジュール】 

《誕生日》
 5月16日 小銭形平次
    19日 ジャンプ編集長
    20日 河上万斉
    25日 空知英秋 天知先生
    26日 沖田ミツバ
    27日 マグ子
    30日 金貸しの社長 柳生敏木斎
    31日 タバコの話の宇宙船の客


《その他》

 5月 キャラクター人気投票結果発表
 5月25日 DVD&Blu-ray11巻
 
 8月 4日 65巻&「愛染香篇」アニメDVD同梱版
 9月28日 銀魂晴れ祭りDVD
11月 4日 66巻&「愛染香篇」アニメDVD同梱版
12月 ジャンプ流発売!・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚!



           その他ジャンプ感想は こちら です。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dokujan.blog36.fc2.com/tb.php/13406-7ff096e9

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/16 20:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/17 00:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/17 23:51

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

ゆるゆると銀魂ってます

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

かずは

Author:かずは
広島在住。
ジャンプ感想とか銀魂とか黒バスとかハイキューとかお絵かきとか特撮とかワンコとかニャンコとか日常とか。

検索BOX・タグ一覧

フリーエリア










リンク

HRK

楽天市場

Amazon